banner

必要な金額

パンフレット作成に必要な金額について

パンフレット作成に必要となる金額は、どのような業者に依頼するかによって異なります。近年人気のある通販スタイルのネットプリントであれば格安の金額で依頼することができます。一方で昔ながらの製版会社に依頼する場合にはそれなりの費用が必要となります。それぞれにパンフレット作成におけるアプローチが異なることと、コンセプトが違うことに理由があるので、それを把握した上で選ぶことが必要となります。

ネットプリントの場合は、印刷におけるインキ濃度を一定に保つことで、作業効率を高めていることによりコストを削減しています。オペレーターも特に熟練の職人を必要としないので、人件費も抑えることができるわけです。ただし、クライアントが求める色調に合わせることは一般的に行われてはいないので、こだわりのパンフレット作成を希望するのであれば不向きと言えます。けれども、その品質自体は非常に高いものです。

そもそもインキのコントロールは非常に難しく、これまでは季節の変化によるインキの柔らかさの変動により安定した品質を維持するのは難しいものだったのです。同じ画像データでも同じ色調とならないケースもあったほどです。それをデジタル管理された印刷機を使用することで、これまで職人技が必要だったものが未経験者でも行えるようになっているわけです。

そしてもうひとつ、ネットプリントでは多く集まった依頼データを分析することで、宣伝効果の高いテンプレートを提案しています。つまり費用対効果を高めてパンフレット作成を行い、有効に利用できるというわけです。そのために格安の金額で依頼できるわけです。

一方の製版会社はオーダーメイドとも呼べるパンフレット作成のアプローチをとっています。どちらかと言えば美術印刷に近い品質のパンフレットにこだわる場合には、多少金額は高くなりますが納得のできるものが出来上がります。カラー写真においては、オリジナルデータからさらに好みとなる色調に調整してくれる点で、ネットプリントとは異なります。たとえば食品ならばデジタル写真では表現できない瑞々しさを表現できるようにもなります。人物においても適度な修正を加えることにより、パンフレットのコンセプトに合ったものにすることができるわけです。このように、パンフレット作成のコンセプトと使用目的に応じて依頼する業者を選ぶことによって、必要とする費用の金額も変わることになるわけです。

Copyright(c) 2015 パンフレット作成で知っておきたい品質の差についてAll Rights Reserved.