banner

最近の投稿

見積もりで判断

パンフレット作成の依頼は見積もりで判断

会社の商品やサービスを宣伝するためにパンフレットは欠かせないものですが、パンフレットを作るなら専門業者に依頼することでしっかりと質の良いパンフレットを仕上げることが出来ます。パンフレット作成を専門業者に依頼する場合、やはり値段が気になります。大体、どのくらいの値段でパンフレット作成を依頼することが出来るのかは依頼内容や部数など、いろんな要素によってかなり値段が変わってきます。そのため、全く同じ内容でいろんな業者に見積もりをもらい、その見積もりから安く依頼することが出来る業者を探すのが良いです。

普段から良くパンフレット作成を依頼することがある場合、すでに会社同士でコネクションが出来上がっていることも珍しいものではありません。しかしながら、そうした場合でもやはり少しでもコストを抑えてパンフレット作成を依頼することが出来ると、会社の利益を伸ばしやすくなるので定期的に利用する業者を見直してみるのは良いものです。

パンフレット作成の業者は基本的にインターネットを活用するといとも簡単に多くの専門業者の情報を調べることが出来ます。パンフレット作成を依頼するときは内容について具体的な相談をすることになり、その内容においてどのくらいの値段になるのか見積もりを出してもらいます。見積もりについては専門業者と対面をして相談をしなければ金額を教えてもらえないということはなく、業者によってはメールや電話でも対応してくれます。具体的な依頼内容を伝えていない場合は大よその値段を伝えられることになるので、なるべく概算見積もりではなく実際にどのくらいの値段になるのかは細かい金額を聞いておきたいものです。

パンフレット作成業者を比較することは少し手間がかかります。業者を比較する時に概算としての金額を比較するのか、しっかりと具体的な話をした上での本当の見積りを比較するのか、このどちらかによって比較の手間もかなり変わってきます。当然ながら、簡単にいくつかの業者の利用料金を比較するなら電話やメールから概算見積もりを聞いておき、それを比較する方が早いです。また、付き合いという意味においても、時間を割いて細かい話をして値段を出してもらった後に断りを入れることが難しいこともあります。出来るだけ安くパンフレット作成を依頼することが出来るとメリットになることは間違いありません。しっかりと見積もりを見ながら好ましい業者を探していきましょう。

パンフレット作成ソフトの特徴

無料で使用できるパンフレット作成ソフトの特徴

パンフレット作成は、デザインだけではなくレイアウトや画像の挿入など、様々な知識が必要とされる作業です。そのため、個々で行う事が困難だと考えられがちですが、幾つかの手段を活用する事で、個人でもパンフレット作成が行えるようになります。これは専用のソフトやアプリなどを利用するもので、無料のものを使用して制作する事で、パンフレット制作のコストを大幅に削減する事も可能とされます。

大半の無料のアプリやソフトは、これまでにパンフレット作成に携わった経験が無い方でも無理なく使用できるように、分かりやすい操作が特徴です。そのため、容易にパンフレットをつくることが出来、専門業者の作成するデザイン性に優れたパンフレットもつくれるようになっています。一般的には、商品やサービスの魅力を伝える為に、パンフレットには趣向を凝らしたデザインが求められますが、無料のソフトなどでもレイアウトや色調、画像の挿入に工夫を凝らすことで、魅力的なパンフレット作成ができるのです。

これらのソフトの特徴としては、数あるテンプレートの中から適切なものを選んで利用する事が多く、その中に商品やサービスの情報を掲載し制作する事が基本です。そして、デザインやレイアウトの構図を確認する為に、完成した際のイメージが見られるのも特徴で、印刷前に問題が無いかどうかを手軽にチェックできるようになっています。

そして、このフリーソフトの中には、挿入した画像の加工ができるものなどもあり、色調を整え見栄えのよい構図に配置を変更したり、より趣のある背景を追加したりなど、デザインに凝ることもできるようになっているのです。

これまではパンフレット作成の専用ソフトは高額になる事が多く、個人でパンフレット作成を行う事が困難な理由とされました。しかし、フリーのソフトを使用してパンフレット作成ができるようになったことで、専門業者に依頼する事無く、自宅でもデザインを構築してパンフレットが出来るようになっています。
そして、これらのソフトの中には、画像の加工や処理などができる高度な機能が付いたものもあり、自作のイラストを追加したり、好みの文字を使用してパンフレット作成が出来るようになっているので、非常に使い勝っての良いソフトとなっているのが特徴です。そのため、これらの無料ソフトが上手く使えるようになれば、印刷に要するコストのみで、デザイン性にも優れたパンフレットの制作が可能になります。

いくつかの工程

パンフレット作成にはいくつかの工程があります。

パンフレット作成を行うには、企画立案、構成が重要な役割を果たしています。

パンフレット作成をするためには、その工程として、まずヒヤリングが行われます。ここでは、依頼企業との面談が行われ、趣旨や予算等に関して時間をかけた打合せが行われます。その場合に、パンフレットは、企業によっても読み手等が異なるために提供をする内容に関しても詳細な打合せが行われます。パンフレットに載せる情報が決まった後に、構成を決めることになります。パンフレットには会社案内としての企業情報は必ず載るようになるために、その、順番やレイアウトに関しても入念な話合いが持たれます。打合せは1回限りではなく、必要な場合には担当者と数回に渡ることもあり、間違いのないように確認をしながらの進行となります。

パンフレット作成にはコピーライティングやデザインも重要となります。

パンフレット作成において構成が決まった場合には、次に工程としてパンフレットのコピーが検討されます。商品などの場合には売上が伸びるようなコピー、また、注目を集めるようなコピー内容が必要となり、商品に付ける、例えばキャッチコピーやキャッチフレーズの検討に関しても、この段階で行われます。

キャッチコピーやキャッチフレーズは、商品を購買者に印象付けるものとして大事な役割を果たすためにいくつかの提示が行われ、その中から決定がされていきます。次に、これまでに決定された内容を元にして、パンフレットのデザインが検討されます。この段階になって、初めて、実際に使われる紙質やページ数、見開きページなどの装丁、また使用される色やレイアウトなどの提案や確認が行われます。

特に、紙質や装丁は、キャッチコピーやキャッチフレーズとともに相手に与える第一印象として大きな影響があり、ここでは頻繁に打合せによるディスカッションが行われます。工程でのデザインに対するカンプが行われるのもこのときで、そこで最終的な提案や確認がなされ制作へと進んでいきます。

パンフレット作成はいくつかの工程を経て行われますが、制作されたパンフレットには重要な役割があります。
パンフレットは顧客に対しての説得力という役割をもっています。つまり、それがあって初めてパンフレットとしての価値が出てきます。

企業においては売上などにも関係する大事なツールの一つであり、また、企業の顔ともなり、存在感もアピールすることができるものです。そして、それは顧客とのコミュニケーションを図ることができる重要な役割を持っています。

Copyright(c) 2015 パンフレット作成で知っておきたい品質の差についてAll Rights Reserved.