banner

いくつかの工程

パンフレット作成にはいくつかの工程があります。

パンフレット作成を行うには、企画立案、構成が重要な役割を果たしています。

パンフレット作成をするためには、その工程として、まずヒヤリングが行われます。ここでは、依頼企業との面談が行われ、趣旨や予算等に関して時間をかけた打合せが行われます。その場合に、パンフレットは、企業によっても読み手等が異なるために提供をする内容に関しても詳細な打合せが行われます。パンフレットに載せる情報が決まった後に、構成を決めることになります。パンフレットには会社案内としての企業情報は必ず載るようになるために、その、順番やレイアウトに関しても入念な話合いが持たれます。打合せは1回限りではなく、必要な場合には担当者と数回に渡ることもあり、間違いのないように確認をしながらの進行となります。

パンフレット作成にはコピーライティングやデザインも重要となります。

パンフレット作成において構成が決まった場合には、次に工程としてパンフレットのコピーが検討されます。商品などの場合には売上が伸びるようなコピー、また、注目を集めるようなコピー内容が必要となり、商品に付ける、例えばキャッチコピーやキャッチフレーズの検討に関しても、この段階で行われます。

キャッチコピーやキャッチフレーズは、商品を購買者に印象付けるものとして大事な役割を果たすためにいくつかの提示が行われ、その中から決定がされていきます。次に、これまでに決定された内容を元にして、パンフレットのデザインが検討されます。この段階になって、初めて、実際に使われる紙質やページ数、見開きページなどの装丁、また使用される色やレイアウトなどの提案や確認が行われます。

特に、紙質や装丁は、キャッチコピーやキャッチフレーズとともに相手に与える第一印象として大きな影響があり、ここでは頻繁に打合せによるディスカッションが行われます。工程でのデザインに対するカンプが行われるのもこのときで、そこで最終的な提案や確認がなされ制作へと進んでいきます。

パンフレット作成はいくつかの工程を経て行われますが、制作されたパンフレットには重要な役割があります。
パンフレットは顧客に対しての説得力という役割をもっています。つまり、それがあって初めてパンフレットとしての価値が出てきます。

企業においては売上などにも関係する大事なツールの一つであり、また、企業の顔ともなり、存在感もアピールすることができるものです。そして、それは顧客とのコミュニケーションを図ることができる重要な役割を持っています。

Copyright(c) 2015 パンフレット作成で知っておきたい品質の差についてAll Rights Reserved.